文部科学省事業「国際化拠点整備事業(大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業)」に採択された13大学においては、留学生の受入れの増大を目指し、英語で学位が取得できるコースの設置や受入体制の整備などさまざまな取組を行っています。

HOME > 海外大学共同利用事務所において提供できるサービスについて

海外大学共同利用事務所において提供できるサービスについて

»東北大学

大学名 東北大学
国 / 都市 ロシア / モスクワ
施設概要 事務室(小) 1部屋(約15m²)
人員・体制
(教員派遣、職員派遣、現地雇用職員等)
◆現地職員 1名(週3日:月・火・木)
◆他に、本学教職員を定期的に派遣
所在地 モスクワ大学物理学部低温物理学科内 / Department of Low Temperature Physics and Superconductivity, M.V.Lomonosov Moscow State University, Leninskie gory, 1, Moscow 119899, Russia.
連絡先・問い合せ先 / 担当者 Mobile: +7-916-490-8380
E-mail:
担当者: Irina Maslova (Ms.) (英語/ロシア語)
※東北大学国際交流課(022-217-4844)でも対応
海外共同利用事務所に関する大学のウェブサイトURL http://www.insc.tohoku.ac.jp/cms/japan-russia/
活動等実績 ◆2010年9月に、第2回日露学長会議開催に併せて、事務所開所記念式典を開催。この際、本学井上総長・モスクワ大学サドーヴニチー学長間で事務所設置・運営に関する覚書の署名式及び事務所看板除幕式を開催。
◆第2回日露学長会議において合意されたコミュニケにおいては、本事務所を日露の大学間交流の主要なプラットホームとすること、第3回日露学長会議を2012年3月を目途に実施すること等で合意。

 平成23年度日露大学合同説明会を次のとおり実施
 ・12月 モスクワ
 平成24年度日露大学合同説明会を次のとおり実施
 ・11月 ノボシビルスク ・12月 モスクワ ・3月 ウラジオストック
他大学の利用実績
(※どのような利用が可能かを他大学に理解してもらうため、過去の事例紹介として記載してください)
◆ロシアにおける教育制度や日露大学間交流に関する現地調査の一環としての来訪等
◆日露大学合同説明会開催
イベント開催など今後の予定 ◆日露学長会議(平成25年10月:モスクワ)
◆人文・社会フォーラム(平成25年10月:モスクワ)
◆日露大学合同説明会(平成25年10月:ノボシビルスク・モスクワ)
貸出可能な施設・設備等 応相談
広報拠点 大学資料の配架
海外事務所のウェブサイトへの情報提供
海外拠点 出張時にPC・電話等の利用 ○(※応相談)
出張時の便宜供与 ○(※応相談)
説明会場としての使用 ○(※モスクワ大学内教室等を想定。応相談)
現地入試会場・面接会場としての利用 ○(※モスクワ大学内教室等を想定。応相談)
留学生リクルート 留学生面接のためのTV会議システムの利用 ○(※モスクワ大学内教室等を想定。応相談)
留学フェア・留学説明会の合同実施
全大学を視野に入れた留学相談
現地の情報収集 現地の高等教育事情・日本への人材育成のニーズ
現地政府や機関の奨学金情報
国費留学生の選抜方法
現地の有力高校についての情報

»筑波大学

大学名 筑波大学
国 / 都市 チュニジア / チュニス
施設概要 事務室3部屋、会議室(10名程度)
人員・体制
(教員派遣、職員派遣、現地雇用職員等)
◆運営管理者(教授)1名
◆現地派遣職員 1名
◆現地職員 1名
◆日本国内教員(1名)及び事務職員(1名)
計 5名
所在地 チュニジア国立農業研究所内
住所:
National Agronomic Institute of Tunisia
43, Avenue Charles Nicole
Cité El Mahrajene - Tunis
Tunisia

郵便物送付先:
BP 277, Cité El Mahrajene, 1082 Tunis Tunisia
連絡先・問い合せ先 / 担当者 チュニス現地事務所
Mobile:+216-26-32-26-34
FAX:+216-71-289-569
e-mail:
担当:八幡

筑波大学内事務局
TEL/FAX: +81-(0)29-853-6519
e-mail: (担当:森尾)
海外共同利用事務所に関する大学のウェブサイトURL http://butuj.wordpress.com/ (http://www.global.tsukuba.ac.jp)
活動等実績 ◆2010年2月3日 チュニジア共和国チュニス市で日本留学セミナーを主催
◆2010年2月9日 アルジェリア人民民主共和国アルジェ市にて日本留学セミナーを開催
◆2010年3月1日 東京にて国内セミナー「北アフリカ諸国との学術パートナーシップ確立に向けて」を主催。北アフリカ諸国の大学の概要および日本の大学との学術交流の事例を紹介。
◆2010年3月19日 モロッコ王国ラバト市で日本留学セミナーを主催
◆2010年5月14日 日本・北アフリカ学長会議をチュニジア共和国ガマルタで開催,共同声明の採択             
◆2010年11月8-12日 学長会議での共同宣言に対するフォローアップの一環として、第1回アルジェリア・日本学術セミナーを開催
◆現地入試(8月)筑波大学海外大学利用事務所(チュニジアにて)の実施(TV会議システム利用による)
◆2010年11月 チュニジア共和国チュニス市で日本留学セミナーを実施
◆2011年2月 モロッコ王国イフレン市及びフェズ市で日本留学セミナーを実施
◆2011年2月 モーリタニア・イスラム共和国ヌアクショット市で日本留学セミナーを実施
◆アルジェリア高等教育・科学研究省大学間交流局と筑波大学(北アフリカ地域における窓口として)との間の学術交流に関する包括協定締結に際して、協定書文案作成、先方との交渉等のコーディネート業務を実施(2010年11月協定調印)
◆2011年11月12日 チュニジア共和国ハマメット市で日本留学説明会を主催
◆2012年2月10-11日 つくばにて第2回日本・北アフリカ学長会議を開催
◆2012年3月16日 モロッコ王国マラケシュ市で日本留学説明会を主催
◆モロッコ高等教育・訓練・科学研究省と筑波大学(北アフリカ地域における窓口として)との間の学術交流に関する包括協定締結に際して、協定書文案作成、先方との交渉等のコーディネート業務を実施(2012年11月協定調印)
◆2012年11月5日および8日 アルジェリア人民民主共和国オラン市およびアルジェ市において、日本留学説明会を主催
◆2012年12月4日 東京にて日本・アフリカ大学連携ネットワーク準備会議を開催
他大学の利用実績
(※どのような利用が可能かを他大学に理解してもらうため、過去の事例紹介として記載してください)
◆現地用携帯電話貸し出し
◆教員の現地活動に関するレンタカー、ホテル手配
イベント開催など今後の予定 ◆2013年5月31日-6月3日 第5回アフリカ開発会議(TICAD V)会場において、日本・アフリカ大学連携ネットワークのブース展示
◆2013年10月22日 第3回日本・北アフリカ学長会議開催(モロッコ王国ラバト市、モハメドV世大学アグダル校)
◆2013年10月23日 日本留学説明会(モロッコ王国ラバト市、モハメドV世大学アグダル校人文学部)
◆2013年3月 日本留学説明会開催(チュニジア共和国チュニス市)
貸出可能な施設・設備等 (施設)
◆会議室(10名程度収容可、無償)
◆講堂(250名程度収容可、無償、チュニジア国立農業研究所施設)
(設備)
◆TV会議システム(会議室に常設)
◆PC(デスクトップ1台、ノート1台)、プリンター、ポスター印刷用大判プリンタ、スキャナ(消耗品実費、事務所内で使用、Skype利用可)
◆製本機(事務所内で使用、消耗品実費)
◆現地用携帯電話(1台、通話料実費)
広報拠点 大学資料の配架
海外事務所のウェブサイトへの情報提供
海外拠点 出張時にPC・電話等の利用
出張時の便宜供与 ○~△
説明会場としての使用
現地入試会場・面接会場としての利用
留学生リクルート 留学生面接のためのTV会議システムの利用
留学フェア・留学説明会の合同実施
全大学を視野に入れた留学相談
現地の情報収集 現地の高等教育事情・日本への人材育成のニーズ
現地政府や機関の奨学金情報
国費留学生の選抜方法
現地の有力高校についての情報

»東京大学

大学名 東京大学
国 / 都市 インド / ニューデリー
施設概要 ◆会議室
◆事務室
◆広報資料閲覧スペース
◆テレビ会議システム
人員・体制
(教員派遣、職員派遣、現地雇用職員等)
◆所長 1名
◆現地職員 1名
所在地 東京大学インド事務所
Ground Floor, No. B-6/22, Safdarjung Enclave,
New Delhi - 110029, INDIA
連絡先・問い合せ先 / 担当者 吉野宏(ニューデリー)
e-mail:
Tel: +91-11-42032064
東京大学国際部国際企画課
e-mail:
海外共同利用事務所に関する大学のウェブサイトURL http://www.indiaoffice.dir.u-tokyo.ac.jp/
活動等実績 ・2011年度秋に設置。日本留学希望者に対するワンストップサービスを提供。
・日本留学説明会の開催や、日本留学に関する情報を発信。
・現地有力高校・大学を訪問し、ネットワークを構築するとともに、広報活動を実施。
・大手インド・外資系・日系企業等との産学連携を推進し、同窓会組織「インド赤門会」を立ち上げ、産学官ネットワークの強化に取り組む。
・2012年2月27日、バンガロールにて開所式・日印ネットワーキングシンポジウムを開催(参加者約200名)。
・2012年9月1日、バンガロールにて日本留学フェアを開催(参加者約300名)。
・2012年11月5日、インド工科大学マドラス校(IIT-M)において、東京大学留学説明会を開催(参加者約30名)
・2013年9月7日、バンガロールにて日本留学フェアを開催
・2015年2月2日デリー、4日ハイデラバードにて日本留学フェアを開催
他大学の利用実績
(※どのような利用が可能かを他大学に理解してもらうため、過去の事例紹介として記載してください)
・日本留学フェアの開催/共催
・インド高等教育事情に関する情報提供
・現地入試(TV会議システムを利用した面接等)への協力
イベント開催など今後の予定
貸出可能な施設・設備等 ・TV会議システム
・会議室
・電話、FAX、コピー機
広報拠点 大学資料の配架
海外事務所のウェブサイトへの情報提供
海外拠点 出張時にPC・電話等の利用
出張時の便宜供与
説明会場としての使用
現地入試会場・面接会場としての利用
留学生リクルート 留学生面接のためのTV会議システムの利用
留学フェア・留学説明会の合同実施
全大学を視野に入れた留学相談
現地の情報収集 現地の高等教育事情・日本への人材育成のニーズ
現地政府や機関の奨学金情報
国費留学生の選抜方法
現地の有力高校についての情報

»名古屋大学

大学名 名古屋大学
国 / 都市 ウズベキスタン / タシケント
施設概要 合計 102.4m²
◆会議スペース(8.2m×7.4m程度)
◆各大学広報資料閲覧スペース
◆事務スペース
人員・体制
(教員派遣、職員派遣、現地雇用職員等)
◆副所長(常勤)
◆事務補佐員1名(常勤)
◆非常勤スタッフ 2名
所在地 14th floor, International Business Center, 107-B, Amir Timur Street, Tashkent, 100084, Uzbekistan(JICA、日本センター、JETRO、JICE等が入居)
連絡先・問い合せ先 / 担当者 Tel/Fax: +998-71-238-94-05
E-mail: (エルドル)
担当者:エルドル(Eldorjon Elmurodov、日本語・英語可)、今村
海外共同利用事務所に関する大学のウェブサイトURL http://www.nagoya-university.uz/
活動等実績 ◆2010年3月11日、ウズベキスタン事務所開所式・シンポジウムを実施。名古屋大学同窓会ウズベキスタン支部設立。
◆2010年5月、他大学に対して事務所の共用を開始。
◆タシケント市において毎年11月に日本留学フェアを主催(2010年~。参加者1000名程度)
◆日本・ウズベキスタン学長会議の日本側幹事校(第1回:2011年11月名古屋大学、第2回:2015年11月シンガポール経営開発大学タシケント校)。
◆ウズベキスタンにおける留学フェア等に参加(2010年7月シャフリサーブズ市、2015年9月タシケント市)
◆中央アジアにおける留学フェアに参加(2012年5月カザフスタン、2013年3月キルギス、2014年2月キルギス)
◆2015年7月、ナボイ名称国立図書館内に名古屋大学コーナーを設置
◆随時、事務所にて、日本への留学相談を実施
◆名古屋大学からの学生短期研修の受け入れ、協定校の学生・教員の名古屋大学への派遣。
◆2015年10月、事務所内に名古屋大学アジアサテライトキャンパス学院ウズベキスタンサテライトキャンパスを開校。
他大学の利用実績
(※どのような利用が可能かを他大学に理解してもらうため、過去の事例紹介として記載してください)
◆入試面接(TV会議システム利用)
◆留学説明会
◆大学間協定締結への協力(相手先大学への連絡等)
イベント開催など今後の予定 ◆2016年11月 日本留学フェア
貸出可能な施設・設備等 ◆会議スペース(最大40名利用)
◆液晶プロジェクター及びスクリーン一式
◆ビジター用PC1台
◆ホワイトボード 1台
◆TV会議システム(zoom、WEBカメラ、46インチモニター)
◆カラーコピー機
広報拠点 大学資料の配架
海外事務所のウェブサイトへの情報提供
海外拠点 出張時にPC・電話等の利用
出張時の便宜供与 △(※応相談)
説明会場としての使用
現地入試会場・面接会場としての利用
留学生リクルート 留学生面接のためのTV会議システムの利用
留学フェア・留学説明会の合同実施
全大学を視野に入れた留学相談
現地の情報収集 現地の高等教育事情・日本への人材育成のニーズ
現地政府や機関の奨学金情報
国費留学生の選抜方法
現地の有力高校についての情報

»九州大学

大学名 九州大学
国 / 都市 エジプト / カイロ
施設概要 オフィス面積:160㎡
・会議室(6~8名)
・セミナールーム(最大20名収容)
・パソコンルーム
・所長室
・キッチン、バスルーム
・収納室
人員・体制
(教員派遣、職員派遣、現地雇用職員等)
・所長
・副所長
・ウェブマスター1名
・秘書1名
所在地 5th floor. No.42, 108 Street, Hadayek El
Maadi, Cairo, Egypt
(日本大使館近郊)
メトロHadayeq El-Maadi 徒歩5分
連絡先・問い合せ先 / 担当者 Tel: +20-2- 2528-4123
E-mail:
所長: Safwat Hassaballa
※原則として、10時~14時までは日本語対応可能スタッフが常駐。
海外共同利用事務所に関する大学のウェブサイトURL http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/cairo/
活動等実績 ・2010年2月11日に開所式を行った。
・2012年11月1日にカイロ、11月3日にアレキサンドリアにおいて「エジプトにおける日本留学フェア」を開催した。
・現地入試・面接、日本留学生同窓会Japan Egypt Network -JEN-(2010年2月発足)を通じて、同国から多くの優秀な学生の獲得に向けた活動を実施している。
【JEN(Japan Egypt Network)の活動内容】
日本・エジプト双方向の文化交流促進を目的として、在エジプト日本国大使館
と共同で活動を行っている。また、日本留学への関心を高めることを目的とした、日本文化などを紹介するセミナーを定期的に実施している。
2016年2月には、エジプトにおける日本語学習者を対象にした日本語コンテストを主催し、日本への関心を高めている。
他大学の利用実績
(※どのような利用が可能かを他大学に理解してもらうため、過去の事例紹介として記載してください)
・大学案内等のプロモーション資料の配架
・他大学担当者との意見交換
イベント開催など今後の予定
貸出可能な施設・設備等 ・TV会議システム
・セミナールーム(最大20名程度)
・打合せテーブル(6~8名)
・パソコン、Wi-Fi
・電話・FAX
・カラープリンタ、モノクロ複合機
・ホワイトボード
・キッチン
広報拠点 大学資料の配架
海外事務所のウェブサイトへの情報提供
海外拠点 出張時にPC・電話等の利用
出張時の便宜供与 ○※応相談
説明会場としての使用
現地入試会場・面接会場としての利用
留学生リクルート 留学生面接のためのTV会議システムの利用
留学フェア・留学説明会の合同実施
全大学を視野に入れた留学相談
現地の情報収集 現地の高等教育事情・日本への人材育成のニーズ
現地政府や機関の奨学金情報
国費留学生の選抜方法
現地の有力高校についての情報

»立命館大学

大学名 立命館大学
国 / 都市 インド / ニューデリー
施設概要 合計 約88m²
◆オフィススペース
◆セミナールーム(最大36名収容)
 以下、セミナールーム内に常設
  ◆テレビ会議システム
  ◆PC(2台)
  ◆日本の大学の広報資料書架
人員・体制
(教員派遣、職員派遣、現地雇用職員等)
◆代表者(非常勤) 1名
◆事務所長(常勤) 1名
◆事務職員(常勤) 1名
所在地 国際交流基金ニューデリー日本文化センター内
The Japan Foundation Building, 2nd Floor,
5-A, Ring Road, Lajpat Nagar - IV
New Delhi - 110024, INDIA
連絡先・問い合せ先 / 担当者 TEL&FAX:+91-11-4601-6824
E-mail:
担当者: 北村、Priyanka
海外共同利用事務所に関する大学のウェブサイトURL http://www.ritsumei.ac.jp/intl/offices/india.html/
活動等実績 ◆2010年11月15日開所式を開催。

◆テレビ会議システムを活用した入学審査面接や大学説明会実施のサポート、現地の学生・父兄に対する留学相談、日印子供絵画展やシンポジウムの開催、現地の高等学校・大学への訪問や文化交流行事への参加を通じた広報活動等。

◆これまでに2度、現地の日本政府機関や日系企業とも連携し、日本留学フェアを開催。インドの高校生・大学生等に対して日本留学の魅力や日本での就職機会等を直接アピールしている。
 【日本留学フェアの開催実績】
 第1回 2011年11月1日 (参加者:約250名)
 第2回 2012年8月30日 (参加者:約580名)
 第3回 2013年9月6日 (参加者:約1,000名)
第4回 2014年8月4日 (参加者:約1,200名)

◆インド国内の教育機関のみならず、日本政府機関や地方自治体および日本の大学等教育機関との連携も図り、日印学術交流の促進に向けたネットワーク構築に努めている。
他大学の利用実績
(※どのような利用が可能かを他大学に理解してもらうため、過去の事例紹介として記載してください)
◆大学説明会の実施
◆入試会場としての利用
◆インド国内の教育事情の紹介、意見交換
イベント開催など今後の予定
貸出可能な施設・設備等 (施設)
◆セミナースペース(最大36名収容)

(設備)
◆TV会議システム(セミナースペースに常設)
◆無線LAN(Wi-Fi)完備

(備品)
◆PC(2台。Webカメラ、Skype利用可)
◆カラープリンター、コピー
◆ホワイトボード
◆プロジェクター・スクリーン
◆マイク・スピーカー
広報拠点 大学資料の配架
海外事務所のウェブサイトへの情報提供 ×
海外拠点 出張時にPC・電話等の利用
出張時の便宜供与 ○(応相談)
説明会場としての使用
現地入試会場・面接会場としての利用
留学生リクルート 留学生面接のためのTV会議システムの利用
留学フェア・留学説明会の合同実施
全大学を視野に入れた留学相談 ○(日本留学全般の情報提供)
現地の情報収集 現地の高等教育事情・日本への人材育成のニーズ
現地政府や機関の奨学金情報
国費留学生の選抜方法
現地の有力高校についての情報
© 2009-2017 Global30.   for staff [ web Admin | 事務局連絡用掲示板 ]